MENU

アスタリフトホワイト UVプロテクターの特徴、効果

夏場の日焼けに対応出来るアイテムがアスタリフトホワイトのUV日焼け止めです。
エイジングケアもハリケアも可能で、なおかつ使用感がよく、サラリとしている日焼け止めがアスタリフトホワイトから販売されています。
その魅力はどこにあるのでしょうか?

 

 

いつの間にか日焼けが出来ていることが多い!

 

紫外線ケア、UVケアをしっかりして外出したのにいつの間にか日焼けをしていた、ということは多くあることです。
その原因の1つに、Deep UVAというものがあります。
Deep UVAは肌内部、真皮まで届き、活性酸素を発生させ、くすみやしわ、たるみなどを引き起こします。
アスタリフトホワイトのUV日焼け止めに含まれる紫外線防御剤「D-UVガード」はDeep UVAを食い止めることに成功しています。

 

UVAの50%は実はDeep UVAだと言われています。紫外線の半分を実に占めていることとなります。
車の中や部屋の中でも、そして日傘の下でも、うっかり日焼けは出来てしまいます。

 

アスタリフトホワイトのUVカット、日焼け止めは紫外線をカットするだけでなく、化粧下地としても使える優れものです。
紫外線があたると色が変わるキャップつきで、すぐに変化が分かるので、塗り直しタイミングを逃すことがありません。
アスタリフトの日焼け止めは重さがなく、しっかり伸びて、肌を明るくみせてくれます。

 

長い波長の紫外線を防ぐことが出来る

 

一般的な紫外線の防御剤としては紫外線吸収剤や散乱剤を混ぜ合わせたものが多いようです。
しかしアスタリフトホワイトの日焼け止めは紫外線散乱剤を吸収剤でくるみ、ハイブリッド化しています。
一工夫加えることにより、Deep UVAを食い止めることが出来る日焼け止めとなります。

 

写真が色あせるのは何故だか分かりますか?それは年月と共に紫外線を浴びているからなのです。
そのことを教訓に、富士フイルムでは紫外線防御剤を多数用意して日焼け止めに加工しているのです。

 

いつの間にか日焼けをしたくないなら、アスタリフトホワイトを日焼け止めに使ってみましょう。
塗り忘れのないように、首の後ろ、えりあしなどもしっかり塗るのを忘れないようにしましょう。