MENU

ビタミンCの効果

ビタミンC

 

ビタミンCは美白に欠かせない成分です。アスコルビン酸と呼ばれ、果物や野菜などに含まれる栄養素です。
ビタミンC自体は皮膚への浸透力がよくないため、化粧品にはビタミンC誘導体が使用されています。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、進化形があります。
美白化粧品の多くは水溶性か進化形のビタミンC誘導体です。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体とは?

 

水溶性ビタミンC誘導体は名前どおり水に溶ける性質があります。化粧水や美容液、乳液に使用されます。
不安定なビタミンCをリン酸や糖などの化学物質をくっつけ、安定化させています。

 

・リン酸アスコルビルマグネシウム
アスタリフトホワイトにはリン酸L-アスコルビルマグネシウムが配合されています。
リン酸は肌に浸透後、比較的短時間でビタミンCに変換されます。

 

 

・アスコルビン酸2グルコシド
ビタミンCと糖(グルコース)をくっつけることで、安定化させた水溶性ビタミンC誘導体。
ただ、リン酸タイプに比べると分解されにくく、ビタミンCへの変換に時間がかかります。

 

 

油溶性ビタミンC

油に溶けるタイプのビタミンC。クリームやゲルなどに使用されることの多いビタミンC誘導体です。
VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)とよばれ、吸収率が高いのが特徴です。

 

 

進化形ビタミンC誘導体

 

水溶性と油溶性の両方の特徴をもったビタミンC誘導体を進化形ビタミンC誘導体と呼びます。
APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)はリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を結合しています。
従来のビタミンC誘導体に比べて浸透力に優れ、シミやシワなどにアプローチします。

 

 

ビタミンC誘導体の効果

 

VC美白

 

ビタミンCには美白をはじめ、様々な美容効果があります。ここではビタミンCの効果について紹介します。

 

 

美白サポート

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化し、チロシンとチロシナーゼによってメラニンが生成されます。
ビタミンC誘導体はチロシナーゼ酵素を阻害することにより、メラニンの生成を予防します。

 

また、ビタミンC誘導体はメラニンに働きかけ、還元作用によってメラニン色素の無色化もサポート。

 

 

コラーゲン合成

ビタミンCにはコラーゲンを合成する作用もあります。
アミノ酸「プロリン」「リジン」がヒドロキシルプロリン、ヒドロキシリジンに変化するためにはビタミンCが必要になります。
肌の弾力やシワ対策に欠かせない美容成分です。

 

 

抗酸化作用

ビタミンCは活性酸素「スーパーオキサイドアニオンラジカル」、「ヒドロキシルラジカル」の除去作用があります。
紫外線によって発生する一重項酸素にも有効で、シミ予防をサポート。

 

 

皮脂の抑制

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える作用、皮脂の酸化を抑える作用があります。
ニキビの原因となる毛穴づまりを抑制します。